.

破産宣告にあたって借金にあたってその保証人が存在するときには早い段階で話をしておくべきです。

ここにおいて、改めて言いますが保証人となる人物が存在する場合は、破産申告の前によく考えなければいけません。

その理由は破産宣告をして免除がおりると、保証人になっている人があなたが作った負債をみんなかぶる義務があるからです。

なので、破産宣告の前段階に保証人になってくれた人にそれらの経緯とか現在の状況について説明しつつ、謝罪をしなければいけないでしょう。

保証人になるひとの立場で考えると不可欠なことです。

あなたが破産手続きを取るのが原因でまったなしに高額の借金がふりかかってくることになるのです。

そうすると、それからの保証人である人の取るべき選択ルート次に示す4つです。

一つめは、保証人となる人が「全部返金する」という選択肢です。

あなたの保証人がいきなり数百万ものカネを問題なく返済できるほどのようなキャッシュを持ち合わせていれば、この手段が選択できます。

しかしながらあなたが破産申告せずあなたの保証人に立て替えてもらい保証人となる人に定額返済をしていくという手順も取れると思います。

また保証人があなたと良いパートナーであるなら、少しは完済までの時間を長くしてもらうことも可能かもしれません。

またまとめて返済不可能な場合でも、貸方も相談すれば分割に応じてくれるかもしれません。

あなたの保証人にも債務整理を行われてしまうとカネがなにも返ってこないリスクを負うことになるからです。

もし保証人がそれらの負債を代わって支払う財産がない場合は借金した同じく債務整理を選ばなければなりません。

2つめが「任意整理をする」ことです。

これは相手方と話し合いを持つ方法によって、5年以内くらいの期間内で返済していく形になります。

弁護士などに依頼する際のかかる経費は債務1件ごとに4万円ほど。

全部で7社から借り入れがあった場合28万円必要です。

もちろん債権者との交渉を自分でチャレンジすることもできないことはないかもしれませんが、法律や交渉の経験のない人の場合債権者が自分たちにとって有利な案を用意してくるので気を付けなければなりません。

ただ、任意整理で処理するとしたとしてもあなたの保証人に負債を負ってもらうことを意味するわけですからたとえ少しずつでもあなたの保証人に返済を続けていくべきでしょう。

3つめはその保証人も返せなくなった人とともに「自己破産をする」という選択です。

保証人も返済できなくなった人といっしょに破産すればその保証人の責任もチャラになります。

ただし、もし保証人が有価証券等を登記しているならばその個人財産を没収されますし資格制限のある業界にいるのであれば影響を受けます。

その場合は、個人再生を検討するといいでしょう。

一番最後に4つめの手段は「個人再生を利用する」こともできます。

マンション等の不動産を残したまま整理をしていく場合や、破産では影響が出る業務についている方に利用できるのが個人再生による処理です。

この処理の場合マンション等は処分が求められませんし破産手続きのような職業にかかる制限、資格に影響する制限等はかかりません。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.110intheshade.com All Rights Reserved.