.

前回、株価の価格が安いか高いかを判断する方法について説明しました。すっきりフルーツ青汁 口コミ

今回からは、判断材料の一つであるチャートについて、少し細かく書きます。外壁塗装 時期

そもそもチャートって何なのでしょうか。コンブチャクレンズ 口コミ

株価チャートとは、過去の株価の推移を折れ線グラフのように表示したものです。コンブチャクレンズ 成分

株価チャートの表上には、「ローソク足」と呼ばれるものと、「移動平均線」と呼ばれるものが存在します。悪徳業者 ダマされない方法

皆さん、縦長の長方形に1本線が入ったヤツを見た事は無いでしょうか。こうじ酵素 口コミ

それが、いわゆる「ローソク足」というもので、ローソクに似ている事からそう呼ばれています。男 スキンケア

ローソク足には、始値・終値・高値・安値の4つの段階あり、 始値と終値は長方形の部分で示し、高値と安値は長方形の上下に出る線を指します。クレンジング酵素0 口コミ

始値より終値の方が高ければ長方形は白塗り、その逆は黒塗りになります。コンブチャクレンズ 口コミ

高値と安値は、長方形の上に線が出てれば高値、下に出てれば安値になります。ゼロファクター 口コミ

ちなみに、ローソク足1本で1日の動きを示す場合「日足」といい、短期売買の時などに使い、 1本で、一週間の動きを示す場合「週足」といい、長期間の推移を見る場合に使います。

「移動平均線」とは、株価の日々の上下を平均化して1本の曲線にしたものです。

赤い線が25日移動平均線で、緑の線が75日移動平均線になります。

移動平均線の示す上昇トレンドのサインは、移動平均線が上向きな事と、 今の株価が移動平均線より上である事で、その逆が下降トレンドになります。

これらのトレンドが売買の節目になる事が多いんですね。

Copyright (c) 2000 www.110intheshade.com All Rights Reserved.